ワンコインウィッグの作り方3

その3です(^^♪


ウェフを縫い付けたウイッグをかぶせてみまーす!

DCF00728.jpg

こんな妖怪いたよね!


それはさておき(汗)
これではあかんので…顔出します。



DCF00732.jpg

見事にもっしゃもしゃ。
ストパーが必要です(-_-;)

こちらのウェフは熱湯パーマが出来るタイプなので、熱湯ストパーしていきます。

まず、ウィッグの大きさに合ったお湯が付いても大丈夫な品を用意します。



DCF00742.jpg

わたしは、ガチャガチャのガチャ玉を用意しました。
ぴったりだったの…。
個人宅にはあまりない品ですので(汗)、代用品でよさそうなのは、
発砲スチロール球、メラミンスポンジ、オアシス(←花を生けるスポンジ)など。
それに割り箸や、針金を刺して、お湯を手にかけないように加工します。



DCF00743.jpg

ウィッグをかぶせて、髪をクシで整えます。
この写真だと、熱湯ストパーなしでもよさそうですけども、刺激を与えると
もっしゃもしゃー!! ともしゃもしゃが復活します……。


この状態で、80度以上のお湯をかけていきます。
*ヤケドに注意!

かける目安は…うーんと…、ウェフが伸びるので分かると思います。
うにょっとしてるのがピンとします(-_-;)
……もうすこしまともな説明しなさいという…。 



DCF00749.jpg

乾かします。

写真では縛りつけてますけども、熱を加えない限りは膨らまないので
縛りつけなくても大丈夫です。

注)ドライヤーは使わないでくださいね! 自然乾燥で!



DCF00750.jpg

乾きました。
こちらのウィッグはオカッパ予定でしたので、毛先にお湯を当てていない為
少々毛先がカーブしております…。

毛先までお湯を当てると

DCF00712.jpg

ストレートになりますよ♪



DCF00752.jpg

サラッサラになりましたv
このウェフ、人の髪に合うように作られているので、色も適度にグラデが入っていて
かつ、手触りも良いんです♪


後は、好みでヘアカットします(*^_^*)


DCF00753.jpg

オカッパにしましたv
正面。ピンボケー。


DCF00757.jpg

バック。ピンボケー。



DCF00758.jpg

サイド。辛うじてマトモ。



つむじが綺麗なので、自作した金髪ウィッグと雲泥の差(TヮT)
喜んでいいのやら悲しいのやら…。

先にも書きましたが、ウェフが人間用なので、ウェフのカラーが繊細で
かなり自然なウィッグになります♪
ウェフティングは普通に買うと1束1000円近くしますし、(ユノアサイズだと2束必要)
練習にはもってこいでした(^ヮ^)/
おだんごヘアエクステ1コで7インチ(ユノアサイズ)が1コ作れます。
ギリギリですけども。 ライトブラウンはウェフが余ったので、個体差があるみたいです。
7インチ以下でしたら、1コで楽々作れちゃいますよ♪


それと。
ネットに、金具がついておりまして… コレ↓
DCF00698.jpg

コレすごい便利なんですよー。

DCF00699.jpg

リボンの裏とかに縫い付けると、少量の髪の毛を挟むだけで留まるので
毛先にだって留めれちゃう万能ヘアアクセサリができちゃいますv
この金具、どこかで売ってないかな~と探してます。

秋の夜長に手作り(?)ウィッグをいかがでしょうか?(笑)



長い記事を最後までお付き合い下さいましてありがとうございましたm(_ _)m

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
晴れときどき巣ごもり
カウンター
リンク
最新記事
プロフィール

ミア

Author:ミア
お人形の服とか雑貨とか
思い立ったら吉日で
気ままに作ってます

ヤフオク出品一覧
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる